私たちは海のミネラルを土壌の微生物に活かし、土づくりから“健康”を始めます

水素化サンゴミネラル

沖縄サンゴ株式会社では酸化ストレス、炎症に関与している水素に早い時期から取り組み、食品や水の形で製品化してまいりました。私たちは水素をサンゴの多孔質に取り込み、【水素結合サンゴカルシウム Sala(サラ)】を食品原料として作りました。このSala(サラ)を原料として【水素化サンゴミネラル】 優しいサプリメント 『水素もサンゴも』というサプリメントが完成しました。開発された製品は国内外のたくさんの方々に愛されて、喜びのお便りが届きます。

サンゴと水素は私たちの
日々の活動を支える大きな力

サンゴ礁の
自然素材
水素水の多様な効果
いのちを終えて骨格となったサンゴ
沖縄サンゴ株式会社がつくる
食品原料
水素水の多様な効果
【水素結合サンゴカルシウム Sala(サラ)】
完成品
水素のサプリメント
水素水の多様な効果
水素化サンゴミネラル
《名称と数量の変更をするため、現在新しいパッケージで製造中です》
食品製造工場(40年)
食品製造工場
主原料は100%天然由来のサンゴカルシウム
水素食品を開発して15年の食体験

寄せられる食体験
製薬会社 営業部次長 50代男性(大阪府)
「よう、ねむれる」

幼稚園 経営者 60代女性(千葉県)
「夢のように、身体が軽い」

35億年前に海で誕生した生命、栄養として取り込んだ有機分子を分解したり、合成したりする代謝という化学反応で身体を維持し、活動を支えるダイナミックな存在です。その反応をスムースに進めるのが酵素というタンパク質です。長い生命の歴史の中で酵素は海のミネラルの助けを借りて代謝をスムーズに進める方法を進化させてきました。酵素が働くためには微量ミネラルが必須なのです。
この生命活動に伴って細胞の代謝設備や装置の劣化は避けられません。その劣化を早める原因の一つは酸化ストレスで抗酸化剤と呼ばれるものが劣化の予防や補修に必要です。理想的な抗酸化剤として注目されているのが水素です。
サンゴミネラルと水素の取り合わせは生命活動を安定に維持するための必要条件。
サンゴミネラルはミネラル補給食品として35年間皆様の健康に寄与してきました。このサンゴミネラルに水素の力を加えた水素化サンゴミネラルが新たに開発され、健康補助食品として15年間多くの方々に愛用されてきました。
サンゴと水素は、日々の生活の中で生命活動そのものである代謝をスムースに進め、日々起きる酸化ストレスによる身体の劣化や損傷を防ぐことで生き生きとした生活を支える大きな力です。
現在までの食履歴とそこから報告されている様々な健康効果から食品素材として色々な可能性を持つことが期待されています。今後さらに観察研究としてデータを積み上げ、さらには厳密な臨床評価なども行えればと考えています。
《沖縄サンゴ株式会社顧問 新潟薬科大学名誉教授 薬学博士:小西 徹也
 水素とミネラルと水素化サンゴ・・・解説》資料より

水素と共に微量ミネラルを摂取

水素は地球上で最小の分子です。その小ささから身体中どこにでも潜りこめ分布できます。
活性酸素の中でも最も毒性の強いヒドロキシルラジカルに特異的に反応します。
水素水の多様な効果
文献10(大澤郁朗、日本老年医学雑誌2012)より改変

水素・ミネラル農法

少しずつ始まりました水素・ミネラル農法(2008年より)
小さな農園(八ヶ岳高原支社)

サンゴと水素の水で育つ《アジアンタム直径40cm》(八ヶ岳高原支社)

海のミネラルにより いのち輝く《ミニトマト》(長野県 原村)

生命力あふれる《ニンニク》(長野県 原村)

糖度が2度上がってズッシリと完熟し重さでギネスブックに載る《貴陽》(山梨県 ふかさわのうえん)

収穫まであと四十日の《シャインマスカット》サンゴの微量ミネラルがおいしさの決め手日本橋のフルーツ専門店に納める(山梨県 ふかさわのうえん)

気候変動の被害を全く寄せ付けない《マスクメロン》高貴な甘い香りが満ちている(無農薬栽培 新潟県阿賀野市)

121%の増収 サンゴの元氣米《コシヒカリ》シベリアからの白鳥が毎年五頭山を超えてこの田圃丈に飛来(新潟県阿賀野市)

〈お問い合わせ〉
沖縄サンゴ株式会社
TEL:0980-56-2427